歯科衛生士に向く人

国家資格を必要とする歯科系の職業といえば、歯科衛生士歯科技工士ですが、これらの職業の人たちは、歯科での診療においても国家資格がどちらも必要な仕事なのです

歯科診療において、歯科技工士の仕事は細かい作業が多く、手先が器用であることが求められます。歯科衛生士は、歯科保健指導において、歯磨きの正しい方法や、生活習慣における指導をしたり、どのようにしてセルフケアをするのかについてのカウンセリングをおこなうこともありますし、患者さんとの信頼関係を気づくためにコミュニケ―ション能力が必要とされます

それだけではなく、歯科医師が患者さんを診察する際の補助をおこなったり、歯科助手に対して指示を出したりするので、周囲の状況を把握していきながら的確な判断をもとにして行動できるようになることも重要です。

歯科技工士は、義歯や、つぎ歯、充てん物、金冠、歯列矯正装置などの細かいものを、それぞれの患者さんの口腔内の状態に合わせた技工物を作っていくため、緻密で、ほんの少しの狂いさえも許されないような精度の高い技術が要求されています。細かい作業が苦にならない人や、几帳面な人が向いている職業だといえるのではないでしょうか。

歯科衛生士の重要性

歯科衛生士の仕事は、歯科医師の指導の下に診療補助や虫歯の予防処置、保健指導などをおこないます。歯科医療をサポートする仕事だと言えるでしょう。

医者と歯科衛生士患者さんの歯石の除去や、歯垢の除去をしたり、正しい歯磨きの仕方について指導をしたり、歯科医師が使用する器具などを準備したり管理したりします。また、小さなクリニックの場合は、受付事務やカルテの整理をおこなうこともあるようです。歯科衛生士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。よく、歯科助手と混同されがちですが、歯科助手になるためには、資格は不要です。また、患者さんの口腔内に触れることは、歯科助手は許されていません。

歯科助手と歯科衛生士は全く異なる仕事内容なのです。歯科衛生士は、病理学や解剖学などといったような医学の基礎についてや口腔衛生学などの専門的な知識と技能を身に付けなければなりません。歯科技工士は、歯科医師の指示の下で、歯科治療において必要な歯科技工物の制作や修理、加工を行います。歯科技工士にも国家資格が必要なのです。その場合は、専門学校へ通うことをお勧めいたします。設備が整った場所でプロに教えてもらうことが歯科衛生士に繋がる一番の道のりです

推奨サイト_専門学校の歯科衛生士コース|大原学園

歯科衛生士について

歯科衛生士は、看護師と同じように医療系国家資格を取得した人がなれる職業のうちの1つです。患者さんの不安を取り除き、口の中から身体の元気を守っていく専門職だといえるでしょう。

歯を強くすると言われているフッ化物などの薬品を使用することによって、口の中から身体の元気を守っていく専門職なのです。歯周病予防のためには、口の中の汚れを器具を使用することによってきれいにします。口の病気についてリスクテストをおこない、歯科保健指導へとつなげていきます。歯科医が施術する治療のアシスタントを始めとして、歯科医師の指示の下で仮歯を作成したり、歯型を取ったりするなど、治療のいったんも担います。

それだけではなく、安全に歯科治療をすすめていくために、感染症の予防や、緊急時の対応なども重要な役割のうちの1つです。歯科医院では、患者さんの口の中の状態に合わせて清掃方法や、虫歯予防のための生活習慣の指導や、リハビリテーションを行います。また、集団を対象として健康教育を行う際には、幼稚園や、学校、企業などでさまざまなライフステージに合わせて指導を行うのです。歯科衛生士は、口の中のことに関する豊富な知識と、たしかな技術を身に付けている専門職であるということから、患者さんの口の中に直接触れることも許されています。

歯科医師のサポートをしながら、口腔内を触られた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士と比較して、歯科助手は、国家資格は必要ありません。