歯科衛生士に向く人

国家資格を必要とする歯科系の職業といえば、歯科衛生士歯科技工士ですが、これらの職業の人たちは、歯科での診療においても国家資格がどちらも必要な仕事なのです

歯科診療において、歯科技工士の仕事は細かい作業が多く、手先が器用であることが求められます。歯科衛生士は、歯科保健指導において、歯磨きの正しい方法や、生活習慣における指導をしたり、どのようにしてセルフケアをするのかについてのカウンセリングをおこなうこともありますし、患者さんとの信頼関係を気づくためにコミュニケ―ション能力が必要とされます

それだけではなく、歯科医師が患者さんを診察する際の補助をおこなったり、歯科助手に対して指示を出したりするので、周囲の状況を把握していきながら的確な判断をもとにして行動できるようになることも重要です。

歯科技工士は、義歯や、つぎ歯、充てん物、金冠、歯列矯正装置などの細かいものを、それぞれの患者さんの口腔内の状態に合わせた技工物を作っていくため、緻密で、ほんの少しの狂いさえも許されないような精度の高い技術が要求されています。細かい作業が苦にならない人や、几帳面な人が向いている職業だといえるのではないでしょうか。