歯科衛生士について

歯科衛生士は、看護師と同じように医療系国家資格を取得した人がなれる職業のうちの1つです。患者さんの不安を取り除き、口の中から身体の元気を守っていく専門職だといえるでしょう。

歯を強くすると言われているフッ化物などの薬品を使用することによって、口の中から身体の元気を守っていく専門職なのです。歯周病予防のためには、口の中の汚れを器具を使用することによってきれいにします。口の病気についてリスクテストをおこない、歯科保健指導へとつなげていきます。歯科医が施術する治療のアシスタントを始めとして、歯科医師の指示の下で仮歯を作成したり、歯型を取ったりするなど、治療のいったんも担います。

それだけではなく、安全に歯科治療をすすめていくために、感染症の予防や、緊急時の対応なども重要な役割のうちの1つです。歯科医院では、患者さんの口の中の状態に合わせて清掃方法や、虫歯予防のための生活習慣の指導や、リハビリテーションを行います。また、集団を対象として健康教育を行う際には、幼稚園や、学校、企業などでさまざまなライフステージに合わせて指導を行うのです。歯科衛生士は、口の中のことに関する豊富な知識と、たしかな技術を身に付けている専門職であるということから、患者さんの口の中に直接触れることも許されています。

歯科医師のサポートをしながら、口腔内を触られた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士と比較して、歯科助手は、国家資格は必要ありません。