歯科衛生士の重要性

歯科衛生士の仕事は、歯科医師の指導の下に診療補助や虫歯の予防処置、保健指導などをおこないます。歯科医療をサポートする仕事だと言えるでしょう。

医者と歯科衛生士患者さんの歯石の除去や、歯垢の除去をしたり、正しい歯磨きの仕方について指導をしたり、歯科医師が使用する器具などを準備したり管理したりします。また、小さなクリニックの場合は、受付事務やカルテの整理をおこなうこともあるようです。歯科衛生士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。よく、歯科助手と混同されがちですが、歯科助手になるためには、資格は不要です。また、患者さんの口腔内に触れることは、歯科助手は許されていません。

歯科助手と歯科衛生士は全く異なる仕事内容なのです。歯科衛生士は、病理学や解剖学などといったような医学の基礎についてや口腔衛生学などの専門的な知識と技能を身に付けなければなりません。歯科技工士は、歯科医師の指示の下で、歯科治療において必要な歯科技工物の制作や修理、加工を行います。歯科技工士にも国家資格が必要なのです。その場合は、専門学校へ通うことをお勧めいたします。設備が整った場所でプロに教えてもらうことが歯科衛生士に繋がる一番の道のりです

推奨サイト_専門学校の歯科衛生士コース|大原学園